Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
LIFE SHIFT by Mind Map: LIFE SHIFT

1. 人生100年時代

1.1. 単純に生涯使える時間が大幅に増えた

1.1.1. 時間の使い方を見直していく必要がある

1.1.1.1. 遊び

1.1.1.2. 仕事

1.1.1.3. 成長のため(自己投資)

1.1.1.4. 家族

1.1.1.5. 仲間

1.1.2. さまざまな時間の使い方が増えることで選択肢も増える

1.1.2.1. 年齢=ステージではなくなる

1.1.2.1.1. 21歳=大学3年生

1.1.2.1.2. 40歳=サラリーマン

1.1.2.1.3. 年齢関係なく、自由にやりたいことができるような時代になる

2. 25歳の自分が70、80歳の自分を見た時、なにを言う?

2.1. ただのジジイになっているか。

2.2. それとも歳関係なく仕事に打ち込める能動的な80歳であるか

2.2.1. こっちの選択肢であるためには?

2.2.1.1. 自分の選択肢を広く持っていることが必要

3. 100年生きた時のデメリット

3.1. 年金

3.1.1. 日本の年金制度は簡単に言えばネズミ講と同じ仕組み

3.1.1.1. 現在、労働者10人で7人の年金を支えている状況

3.1.1.2. 仕組みとして破綻しかけてる

3.1.1.2.1. 年金に頼ることなく自力で稼ぐ必要がある

3.2. 仕事引退までの年齢が上がる

3.2.1. 高齢者の新しい仕事のあり方が現れる

3.2.2. 仕事の「引退」は70〜80代に

3.2.2.1. 1つの仕事をやり続ける「終身雇用」にも問題が出てくる

3.2.2.1.1. 新卒23歳〜80歳まで約60年間同じ仕事を続けることはとうてい不可能

3.2.2.1.2. AI、技術の発展で企業が潰れる可能性も大いにありうる

3.2.2.1.3. 60年間続く会社はごくわずか

4. 給料を「もらう」から「稼ぐ」時代へ

4.1. 給料を「もらう」=雇用

4.1.1. 労働時間の対価をもらうこと

4.1.1.1. 時間をかける仕事はロボットに任せれば安価で済む

4.2. 「稼ぐ」=自分のスキルで

4.2.1. スキルは人間だからこそできることが多い

4.2.2. タクシー配車「Uber」

4.2.3. 民泊斡旋サービス「Airbnb」

5. 3つのステージが終わりを迎える

5.1. 1、教育

5.1.1. 学校教育やスポーツなど

5.1.1.1. 教育・成長も10〜20代だけ、という時代は終わる

5.1.1.2. いつでも「学び」「成長」して多様な仕事ができる人が重宝される

5.2. 2、仕事

5.2.1. 卒業後の全ての仕事

5.2.2. スキル・能力によって収入・価値が変わる

5.2.2.1. 仕事の時間が多くなる。

5.3. 3、引退

5.3.1. 日本で言う所の定年。趣味、人生の余暇

5.3.2. 人生100年時代だと65歳定年であれば35年は余暇の時間になる

5.3.2.1. 定年のタイミングが遅くなる可能性が大