お金の勉強 基礎

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
お金の勉強 基礎 by Mind Map: お金の勉強 基礎

1. 5つの考え

1.1. 資産を持つために

1.1.1. ①お金を 稼ぐ

1.1.1.1. 経済的自由へのロードマップ

1.1.1.1.1. 理想のお金の流れ

1.1.1.1.2. 4つの所得を極める

1.1.1.1.3. 今後

1.1.2. ②お金を 貯める

1.1.2.1. 支出を減らす

1.1.2.1.1. 見直しリスト

1.1.2.2. 節約をしよう。。。?!

1.1.2.2.1. ほとんどの人が間違っている

1.1.2.3. 大きな所から抑える

1.1.2.3.1. 人生で一番高い買い物ベスト3

1.1.3. ③お金を 増やす 投資する

1.1.4. ④お金を 守る

1.1.5. ⑤お金を 使う

1.1.6. ⬆️の繰り返しで不労所得が生活費を上回る状態を目指す

1.1.7. 溢れた分で消費する 消費=だめではない

1.1.7.1. 順番を考える

1.1.7.1.1. 苗木を買うためのお金を消費すると資産形成はできない

2. いきなり高望みしない 自分の目標を明確に

2.1. スポーツと同じ

2.2. 初めはキャッチボールから いきなりノックを受けれたり試合に出て活躍できない

2.2.1. 試合で活躍するために練習(勉強)をする

3. お金の自由を得るには

4. いくらあれば資本家側になれるのか

4.1. 生活費<不労所得 になった段階でお金は増え続ける

4.1.1. 生活費20万に対して不労所得が25万円入る

4.1.2. 余ったぶんは再度投資へ

4.1.3. 一生お金に困らない状態

4.1.4. ここを目指す

4.2. 利回りについて

4.2.1. 100万円預けて1年間で1万円もらえると、利回り1%

4.2.2. 銀行に預けると金利がつく(現在0,001%)ほぼつかない

4.2.3. 株を買うと配当が出る

4.2.4. 不動産を買うと家賃収入が入る

4.2.5. お金に働いてもらう(お金のなる木)

4.3. もし毎月5万円を30歳から40歳まで貯めると

4.3.1. 年間60万円×10年=600万円

4.3.2. 投資してると

4.3.3. 20年続けた場合

4.3.4. お金がお金を生む仕組み⬆️

4.3.5. アインシュタイン 複利の力

4.4. 20年前に100万円を投資したらいくらになったか

4.4.1. 考え方は雪だるま作りと同じ

4.4.1.1. そのためには早い行動と資金作り

4.4.1.1.1. 支出の見直し

4.4.1.1.2. ここはできている

4.4.1.2. まみにわかってもらいたい点

4.5. 毎月10万円不労所得があれば

4.5.1. 職業選択の自由

4.5.2. 住む場所の自由

4.5.3. 時間の自由

4.5.4. 毎月20万円不労所得があれば?

4.5.4.1. 行動範囲や景色も変わるはず

4.5.5. 職場への依存が減って1人の足で立ててくる段階

4.5.6. 別に今の仕事がいやって訳ではないよ

4.6. 毎月10万円の不労所得に必要な種銭は?

4.6.1. 毎月10万円なら2000万円の元手が必要(利回り5%)

4.6.2. 2000万円用意できるか?

4.6.2.1. すぐには無理

4.6.2.1.1. じゃあどうする?

4.7. 生活費<不労所得を目指すステップ

4.7.1. 1給料以外に稼ぐ

4.7.1.1. 労働所得だけで貯めるのは時間がかかる

4.7.1.1.1. 時間的拘束

4.7.1.1.2. 税金

4.7.1.1.3. 時間単価が上がらない(にくい)

4.7.1.2. R2 1月現在物販

4.7.2. 2効率よくお金を貯める(余分な支出を減らす)

4.7.3. 3投資する(お金に働いてもらう)

4.7.4. 4守る(税金等)

4.7.5. お金に対する正しい知識を身につける

4.7.6. 5 使う

5. なぜお金の勉強をする必要があるのか

5.1. 理由

5.1.1. 別に金持ちになって金にまみれた人生を過ごしたいわけではない

5.1.1.1. 人生を豊かに過ごしたい

5.1.1.1.1. そのためにツールとしてお金は必要

5.1.2. お金の勉強をしないと一生賢い人が作った仕組みに搾取され続ける

5.1.2.1. 根本原理資本社会だから否めない

5.1.3. お金の勉強をすることで裕福な生活(豊かな心で過ごす)ができる確率を上げられる

5.1.3.1. 裕福な生活と言うと日本人にはあまり良い響きをしないので定義の確立

5.1.3.1.1. あらゆる不幸を回避できる

5.1.4. お金の勉強をするころでお金に苦しむ人生になるリスクを減らすことができる

5.1.4.1. 嫌な面をいっぱい見てきた

5.2. 解説

5.2.1. なぜほとんどの人が経済的に楽になれないのか?

5.2.1.1. 日本の教育制度ではお金(経済)について勉強しない

5.2.1.1.1. お金に対する価値観は親の影響が大きい

5.2.1.2. 普通に生活をしていることで自動的に次のような仕組みに陥っている

5.2.1.2.1. Gyazo

5.2.1.3. お金の勉強をしていない

5.2.1.3.1. どうすればお金に振り回されず人生を過ごせるか

5.2.1.3.2. どうしたらお金と上手に付き合えるか

5.2.1.4. 社会の仕組みを知らない

5.2.1.4.1. 税金

5.2.1.4.2. 年金

5.2.1.4.3. 保険

5.2.1.4.4. 給与システム

5.2.1.5. r<g

5.2.1.5.1. r=リターン

5.2.1.5.2. g=グロース

5.2.1.5.3. 資産からの所得の方が給与所得より伸び率が高い

5.2.1.5.4. 投資をする人と給与をもらって労働する人とで格差をどんどん広がる

5.2.1.5.5. 資本家はより金持ちに労働者は貧乏に

5.2.1.6. ではどうする

5.2.1.7. 悲観するだけか

5.2.1.8. んなことない

5.2.1.9. サッカーや野球と一緒

5.2.1.9.1. ルールを知ったら上手になって勝てる

5.2.1.9.2. ルールを知らんから負ける

5.2.2. 世の中は無知な人から搾取される仕組み

5.2.2.1. 賢い人達が作ったルールの上で一生気づくことなく搾取される

5.2.2.1.1. 本当にそのままでいいのか

5.2.2.2. これマジやで

5.2.2.3. 今まではよくわからんことやしまぁええわと勉強やめてテレビを見て笑ってた(逃げてた)

5.2.2.4. 事情の変化

5.2.2.4.1. 結婚して守るべき物ができた

5.2.2.5. 勉強の再起

5.2.2.6. 調べれば調べるほどヤバイの日本と呑気にしている我々

5.2.2.7. マジで考えよ

5.2.2.8. 自分らの人生について

5.2.2.8.1. 搾取され続けて駆逐されて終わりまっせ

5.2.3. ではどうすればこの仕組みから抜けだすことができるか

5.2.3.1. まずはルール(仕組み)をよく理解すること

5.2.3.2. そのあと

5.2.3.2.1. ルールを作る側に回るのか

5.2.3.2.2. ルールの抜け道を使うのか

5.2.3.2.3. 一生搾取され続けるか

5.2.3.2.4. しかない

5.2.3.3. お金について学ぶことで

5.2.3.3.1. 自分で稼ぎ

5.2.3.3.2. 自分でお金を貯めて

5.2.3.3.3. 自分でお金を増やして

5.2.3.3.4. 自分でお金を守る

5.2.4. どうやって学ぶ?

5.2.4.1. まずは無知の知を自覚する

5.2.4.2. インプットとアウトプットを繰り返し

5.2.4.3. その上行動に移す