失業手当

Iniziamo. È gratuito!
o registrati con il tuo indirizzo email
失業手当 da Mind Map: 失業手当

1. 受け取れる条件

1.1. ハローワークで求職申請する

1.1.1. 以下の場合対象外 ・ケガなどですぐに仕事に就けない場合 ・仕事に就く意思がない(しばらく休養するつもりなど)

1.2. 雇用保険の加入期間が過去2年間で通算12か月以上ある

1.2.1. 会社都合で仕事がなくなった場合、 1年間で6か月以上に条件が軽減される

1.2.2. 自己都合でもケガや妊娠、配偶者の転勤の場合、 1年間で6か月以上に条件が軽減される

1.3. 必要書類

1.3.1. 雇用保険被保険者離職票

1.3.2. 個人番号(マイナンバーカード)

1.3.3. 身分証明書(運転免許証など)

1.3.4. 銀行口座、キャッシュカード

1.3.5. 証明写真

1.3.6. 印鑑(シャチハタNG)

2. 手当の金額

2.1. 手当は日額を計算して、それをもとに月額支給される

2.2. 基本手当日額=退職直前の6か月の賃金合計÷180×給付率(50~80%)

2.2.1. 基本手当日額は限度額、下限額がある。 これは離職時の年齢によって違う。 ※45~59歳が一番多い

2.2.2. 給付率は自力での計算ができないようなので、 中央値の65%で見ておくと良さそう

3. 給付日数

3.1. 自己都合の場合

3.1.1. 10年未満:90日

3.1.2. 10年以上20年未満:120日

3.1.3. 20年以上:150日

3.2. 会社都合の場合

3.2.1. 年齢と雇用保険の加入期間により、最大で330日

4. 給付開始日

4.1. 自己都合の場合、おおよそ2ヶ月と1週間後

4.2. 会社都合の場合、おおよそ1ヶ月と1週間後

5. 補足と注意点

5.1. ハローワークで受給資格を取ってから 待機期間1週間後に受給資格証をもらえる

5.2. 待機期間中にバイトはしてはいけない

5.3. 週に20時間以上アルバイトなどをすると 就職したとみなされ手当が出ない

5.4. バイトや手伝いなどで収入を得た場合、 受給の対象外になるので申告しないといけない

5.5. 虚偽の申告があった場合、ペナルティとして 受給額の3倍を返金しないといけない