Webライティング / Webマーケティング

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Webライティング / Webマーケティング により Mind Map: Webライティング / Webマーケティング

1. 企画・設計

1.1. KGIを固定する

1.1.1. 貫き通す

1.2. KPIを考える

1.2.1. 場合によって変える

1.3. SWOT分析

1.3.1. アピールポイント

1.3.1.1. 商品・サービスについて熟知すること

1.3.2. 弱み

1.3.3. 強み

1.3.4. 機会

1.3.5. 脅威

1.4. どんなサイトだったら見てみたいかを書き出すのが一番最初

1.4.1. 検索結果を見ると検索意図がわかる

1.4.1.1. 悩みの解決?

1.4.1.2. 願望の実現?

1.4.2. セリングだったら実際に顧客の気分でサイトを選んでみる

1.4.2.1. 自分が買おうと思った・買おうと思わなかったサイトを比べて考える

1.4.3. ターゲット層がわかる

1.5. その商品について詳しくなる

1.6. 疑問を読み取る

1.6.1. マインドリーディング

1.6.1.1. ターゲットは誰?

1.6.1.2. 読む人の悩みは何?

1.6.1.3. 何を求めにきた?

1.6.1.3.1. 現状の改善が多い

1.6.1.4. どんな情報が書かれてたら嬉しい?

1.7. マインドマップを作る

1.7.1. そのキーワードでの1〜10位の上位サイトの内容・特徴

1.7.2. 検索意図の推測

1.7.2.1. このワードで調べる人たちはこういう情報を欲しがってるはず

1.7.3. 何をサイトに書いたら上位表示が取れそうか

2. 意識すること

2.1. SEO対策

2.1.1. ユーザーの満足度

2.1.1.1. Googleも一つの企業。使う人が増えて欲しいと思っている

2.1.1.2. 調べた人の疑問を解消できるようなコンテンツを並べている

2.1.1.3. ユーティリティー要素

2.1.1.3.1. 求められている需要を理解する

2.1.1.3.2. 読み手への愛情を持つ

2.1.2. 上位表示されてる記事から徹底的に学ぶ

2.1.2.1. 成果を出している者から学ぶのが一番!

2.2. 見せ方

2.2.1. 物を売るな。改善を売れ。

2.2.1.1. 改善とは?

2.2.1.1.1. この商品・サービスによりあなたの未来がどうなるか

2.2.1.2. 裏には必ず不安がついてくる

2.2.1.2.1. これらを払拭しろ

2.2.2. 質問に対する答え

2.2.2.1. 1. 網羅性

2.2.2.1.1. 冒頭に意識

2.2.2.2. 2. 信頼性

2.2.2.2.1. その情報は信用できる物なのか

2.2.2.2.2. 特定の商品をひいき目で見る

2.2.2.2.3. 自社商品は“ナンバーワン”ではなく“オンリーワン”で売る

2.2.2.2.4. 中立的な立場

2.2.2.2.5. 弱み・失敗談を入れて、リアル感を出す

2.2.2.3. 3. わかりやすさ

2.2.2.3.1. 直感的思考

2.2.2.3.2. 論理的思考(ロジカルシンキング)

2.2.3. 比較のしやすい記事

2.2.3.1. 比較の軸を明確にする

2.2.3.1.1. 信頼性の担保

2.2.3.1.2. 自分たちの商品を紹介する言い訳ができる

2.2.3.2. USPを示す

2.2.3.2.1. その弱みほんとに弱み?

2.2.3.3. 情報を絞る

2.2.3.3.1. 選択のパラドックスを回避

2.2.3.3.2. 注目して欲しいものに視線を集めることができる

2.2.3.4. 利便性が上がる

2.2.3.4.1. SEO対策に繋がる

2.2.4. シェアしやすい記事

2.2.4.1. 感情

2.2.4.1.1. 自分事化

2.2.4.1.2. ストーリー

2.2.4.1.3. 見やすく、高揚する文章ができる

2.2.4.2. バズボンバーの心得

2.2.4.2.1. 共感層の巻き込み

2.2.4.2.2. 「客観性」の担保

2.2.4.2.3. コミュニケーションにつながる演出

2.2.4.3. マズローの欲求5段階説

2.2.4.3.1. 社会的認知度の高いコンテンツを応用する

2.2.4.3.2. 社会的関心度の高いコンテンツ運営をする

2.3. マーケティングは心理戦

2.3.1. 相手の潜在意識を操る

2.4. 論理的なコンテンツ > 個性的なコンテンツ

3. 基本知識

3.1. SEOとは?

3.1.1. 検索エンジン最適化

3.1.2. 自分のページをGoogle上で上位表示させるための施策

3.1.2.1. ユーザーの目に触れられるにはSEO対策をしっかりする

3.1.2.2. Googleは検索意図を推測して、検索結果を返している

3.1.2.2.1. ユーザーの満足度の為

3.2. 検索意図とは?

3.2.1. ユーザーがそのキーワードで検索する理由

3.2.1.1. ユーティリティー要素の高い記事を作れる

3.2.1.1.1. SEO対策に繋がる

3.2.1.2. 何が知りたい?

3.3. USPとは?

3.3.1. Unique Selling Proposition

3.3.2. 他社にない独自の強み

3.3.2.1. これがないと他のサイトとクオリティで勝負しなくてはならず、上位表示されにくくなる

3.3.2.1.1. SEO対策に繋がる

3.4. 503エラーとは?

3.4.1. サーバーが閲覧者でパンク状態になると出るエラー

3.4.2. 安いサーバーでよく起きる

3.4.2.1. 共起サーバーだから

3.5. ユーティリティー(機能的な)要素とは?

3.5.1. 閲覧者にとってただ便利であり、サイト作成者の裏を感じることがないようなもの

3.5.1.1. SEO対策に繋がる

3.5.2. サイトによって“機能的”の部分で求められるものが違う

3.5.2.1. 口コミサイト・比較サイトではその商品の評価が気になってくる

3.5.2.2. 専門家サイトでは中立的な立場の人の意見が気になってくる

3.5.2.3. お客の需要に沿ったもの

3.6. 選択のパラドックスとは?

3.6.1. 人はより多くの選択肢を迫られるほど選択を困難に感じること

3.6.1.1. 提案の持つ複雑さの分だけ販売効率が下がってしまう(心理的トリガー21)

3.6.1.2. 情報は欲しいと思っている

3.6.2. ジャムの試食と販売の実験

3.6.3. 雑誌に時計を一つだけ掲載するというシュガーマンの実例

3.7. 共起語とは?

3.7.1. あるテーマについて語る際、自然と会話に登場しやすい言葉たち

3.7.2. 共起語が多い文章ほどSEOに強くなる

3.7.2.1. SEO対策に繋がる

3.8. キュレーション(まとめ)サイトとは?

3.8.1. ネット上にあるコンテンツ(画像、文章、動画など)をまとめたサイトのこと

3.8.1.1. 賛否両論になりやすいサイト

3.8.1.2. 引用元の主に対する敬意が必要

3.8.2. わいわいまとめチャンネル

3.9. KPIとは?

3.9.1. その記事がどんな成果を上げているのかを表す指標

3.9.2. 記事を作る前にあらかじめ設定し、満たしているかを確認する

3.9.2.1. 満たしている →⭕️

3.9.2.2. 満たしていない → 手直しする

3.10. 論理とは?

3.10.1. 人との理解の架け橋

3.10.1.1. 論理なしでは感情を伝えることは難しい

3.10.1.1.1. 飛行機と着陸場の例え

3.10.1.2. 最後まで読んでもらうのに必須

3.11. KGIとは?

4. 運用

4.1. KPIの確認

4.1.1. 狙ったキーワードでの検索結果

4.1.2. ページビュー数

4.1.3. ユニークユーザー数

4.1.4. 滞在時間

4.1.5. 精読率

4.1.6. ソーシャルメディア(TwitterやFacebook)でのシェア数

4.1.7. 外部のブログなどでの言及数

4.1.8. 検索結果上でのクリック率(CTR)

4.1.9. リピート率

4.1.10. コンバージョン(成約数)もしくはアシストコンバージョン(間接的な成約率)

4.2. SWOT分析

4.2.1. 競合サイトの動きを常に気にしておく

4.2.2. 自分の立ち位置を確認しておく

5. その他

5.1. 文章を書く上で

5.1.1. 文章はうまさではない

5.1.2. 気持ちがいかに伝わるか

5.1.3. 正直でなければならない

5.1.4. 目的を見失わない事が大事

5.2. 超人と同じ土俵で戦う必要はない

5.3. セールスコピーの構成

5.3.1. ①ヘッドコピー

5.3.1.1. 「つかみ」として使う

5.3.1.2. キャッチコピーや画像で続きが気になるような文章を心がける

5.3.2. ②ボディコピー

5.3.2.1. ワクワク感を強めたり、不安を取り除く部分

5.3.2.2. ワクワクするようなストーリー、不安を取り除くよううな客観的情報をいれて作るよおう心がける

5.3.3. ③クロージングコピー

5.3.3.1. お客様の背中を後押しする部分

5.3.3.2. 価格、保証やサポート、特典、購入方法や返品などのキャンセルポリシーについて、よくある質問、追伸などを配置

5.4. セールスレター方式

5.4.1. 手紙のように語りかける

5.4.1.1. 「みんな」ではなく「あなた」

5.4.2. 商品開発の過程(ストーリー)を論理的に説明、読み手・書き手の感情を入れる

5.5. セリングでコミュニケーションは生まれない

5.5.1. 営業でも同じ事

5.5.2. 雑談が必要な理由