地産地消

Solve your problems or get new ideas with basic brainstorming

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
地産地消 により Mind Map: 地産地消

1. Amazon

1.1. 物流

1.2. 地元産業のアピール力不足

1.3. 地元住民の問題意識の欠如

2. 宿題

2.1. 地産地消でロスを感じる部分

2.1.1. 米

2.1.1.1. JAを通して売るのは限界

2.1.1.2. 関西温泉津会

2.1.1.2.1. 個別に交渉

2.1.2. 魚

2.1.2.1. 海外の安い魚を輸入して加工して売っている

2.1.3. 電力

2.1.4. 若者

2.1.4.1. Uターン

2.2. 地域の一体感をどう醸成するのか

2.2.1. 地域通貨

2.2.2. 域内循環ポイント導入

2.3. 福島君に訊いた「江津で採れる魚」

2.3.1. 江津で採れると言えば「アジ」

2.3.1.1. ただ、地元では売れないので関東で高値で買い取ってくれるところに売っている。

2.3.1.1.1. 関東では関アジより美味いと人気

2.3.1.2. 福島君としては、少しでも地元で売りたい気持ちがある。

2.3.1.3. 域内生産消費最大化委員会にも熱い注目をしてくれている。

2.3.2. 参考:G-MEN #17 真和漁業生産組合

2.3.3. 今まで捨てる魚だったものを加工して販売いしている

2.3.3.1. 例えば小さいカワハギ(皮むきが面倒だから敬遠されがちなのを皮をはいでから需要が生まれた)

2.3.3.2. ほかの魚は?

2.4. 再生可能エネルギー (市長との面談ではエネルギーは不発)

2.4.1. 再生可能エネルギーの種類

2.4.1.1. 太陽光

2.4.1.2. 風力

2.4.1.3. 水力

2.4.1.4. 地熱

2.4.1.5. バイオマス

2.4.1.6. 潮力

2.4.1.7. 海流

2.4.1.8. バイオ燃料

2.4.1.8.1. バイオエタノール等

2.4.1.9. 海洋温度差

2.4.2. 最近の世界と日本の動向

2.4.2.1. エネルギーの地産地消。電力自由化 JAFメイト記事

2.4.2.1.1. 著者:舘内端

2.4.2.1.2. EV関連の人。特にエネルギー全般に詳しいわけではなさそうだった。

2.4.3. 先進国欧米に注意

2.4.4. 市、県、国の取り組み(補助金など)

2.4.4.1. 再生エネ「地産地消」拡大 自治体の計画を支援

2.4.4.2. 電力「地産地消」広がる 風力など14自治体が事業化

2.4.4.3. 知事定例記者会見(平成23年2月3日)

2.4.5. 電気会社の動向

2.4.5.1. 中国電の蓄電池実験、再生エネを地産地消

2.4.5.2. 「隠岐の島」大型電池役立つか、空港跡にメガソーラー (2/2)

2.4.6. 売電について現状とこれからの予想

2.4.6.1. 2016年に売電事業が完全自由化

2.4.6.2. 2016年の電力完全自由化で、家庭の電気料金は下がるのだろうか?

2.4.6.3. 電力自由化(Wikipedia)

2.4.6.3.1. 誰でも電力供給事業者になることができる(発電の自由化)

2.4.6.3.2. どの供給事業者からでも電力を買えるようにする(小売の自由化)

2.4.6.3.3. 誰でもどこへでも既設の送・配電網を使って電気を送・配電できるようにする(送・配電の自由化)

2.4.6.3.4. 既存の電力会社の発電部門と送電部門を切り離すことで競争的環境を整える(発送電分離)

2.4.6.3.5. 電力卸売市場の整備

3. 電力地産地消の課題

3.1. 再生可能エネルギーの供給不安定さ

3.1.1. 蓄電池の高性能化、普及

3.2. 配電網?

3.3. 設備投資は誰が?

3.4. 既存電力会社との価格競争

4. テーマ選択の条件

4.1. 一年でできること

4.1.1. 短期決戦

4.1.2. 意識改革

4.1.2.1. 消費者?

4.1.2.2. 作り手?

4.2. JCがやるべきこと

4.2.1. 経済人

4.2.2. 若手

4.2.3. 郷土愛

4.2.3.1. ★食フェス

4.2.3.1.1. 実施した際の効果

4.2.3.2. 米

4.2.3.2.1. 糖質制限食

4.2.3.2.2. 糖質制限食品開発?

4.2.4. 平下理事長の思い

4.2.4.1. ロケットストーブ

4.2.4.1.1. ×事業が夏

4.2.4.1.2. ペレットストーブ?

4.2.4.1.3. バイオマスと繋がる?

4.2.4.2. 経済規模には拘り無し?

4.2.4.3. 昔は「民間が頑張ればいい」と思ってた

4.2.4.3.1. JCの例会で江津の公的資金の大きさを知った

4.2.4.4. どうPositiveチェンジさせたいか?

4.3. 経済インパクトの最大化

4.3.1. ★若者の流出食い止め

4.3.1.1. 育成

4.3.1.1.1. 青少年育成委員会との連携?

4.3.1.1.2. 実感を持ってもらうためにものを売る?

4.3.1.1.3. 江津愛を持ってもらう

4.3.1.1.4. 親の教育

4.3.1.2. 高校生

4.3.1.3. 就職斡旋

4.3.1.4. 人口減少対策

4.3.1.5. 大学卒業後の帰郷

4.3.1.5.1. むしろ、都会の同級生を連れて帰るくらいに江津愛を深める

4.3.2. 高卒就職の多くが県外へ

4.3.3. 農業系は規模小?

4.3.3.1. ほとんどが60代70代の農業従事者と高齢化が進み、このままだとなくなってしまう、。れでいいのかな。

4.3.4. 福祉・医療系は10年後縮小

4.3.4.1. 自治体の福祉負担

4.3.4.2. 都会への集中化

4.3.5. 地元の雇用

4.3.6. 本社の税収

4.3.7. ふるさと納税

4.3.8. 山陰経済経営研究所

4.3.8.1. 2015年山陰の経済展望.pdf

5. 地産地消を評価する仕組み

5.1. 数値化

5.2. メンバーに例会前後に家計簿をつけてもらう

6. ふるさと納税

6.1. 浜田市は5億円

6.2. 江津市も伸びしろがあるということ!