一流の説明術

説明苦手な私に、必要な情報です。 一流は、相手のレベルに合わせてイメージさせる内容を変えます。 そして空き時間に合わせて説明します。 なんてこったいと思えるような知恵がたくさんありました。 エコシステム的な協業もやってます。もしよかったら→https://mm.tt/map/2363818848?t=3MPoyHlz3L

Laten we beginnen. Het is Gratis
of registreren met je e-mailadres
一流の説明術 Door Mind Map: 一流の説明術

1. 一流

1.1. 伝えたいことを絞る

1.1.1. 対比しイメージさせる

1.1.1.1. 比較する

1.1.1.1.1. イメージが付きやすい

1.1.1.1.2. たとえ話をする

1.1.2. 相手の理解に合わせて説明する

1.1.3. まず相手のレベルを把握する

1.1.3.1. 相手によって説明が変わる

1.2. 話す内容を漏れなくダブりなく整理

1.3. そのうえで必要のない内容は大胆に削る

1.4. ここだけは伝えたい!

1.4.1. ということが伝わる

1.5. 数字を二つ使う

1.5.1. 二つ目の数字を意識する

1.6. 図解で説明する

1.7. 相手が許してくれる時間を聞く

1.7.1. 察して短く済ませる

1.7.2. 必要な時は事前に確認する

1.8. 状況に応じて

1.8.1. 相手の口癖を知る

1.8.1.1. アドバイスを求めてくるようなら

1.8.1.1.1. 結論をいってもいい

1.8.2. 説明の順序を変える

2. 二流

2.1. 細かく説明する

2.2. 説明しすぎてくどくなる

2.3. 具体的に数字をいれて説明する

2.4. 結論から離す

3. 三流

3.1. アバウトすぎる

3.2. なんとなくでやる

3.3. 結論を後回しにする