理事長をやりたがらない 深堀

Começar. É Gratuito
ou inscrever-se com seu endereço de e-mail
理事長をやりたがらない 深堀 por Mind Map: 理事長をやりたがらない 深堀

1. 知識・経験がないので自分ではできないと思っている:12

1.1. マンション管理は煩雑で理解しにくい

1.1.1. 管理規約集を読んでも理解できない

1.1.1.1. 専門用語が多い

1.1.1.2. 明確なルールが定めにくい

1.1.1.2.1. 同じようなマンションでも住んでいる人が考えることはそれぞれ

1.1.1.2.2. 理事のメンバー構成により方針が変わる

1.1.1.3. わからなければ管理人に聞けばいい

1.1.2. どのような活動を行っているのか知らない

1.1.2.1. 理事を経験しないとわからない

1.1.2.1.1. 輪番が回ってくるまで知る必要もない

1.2. 総会でやり玉に挙がっているのを見ている

1.2.1. 毎年総会で意見(文句)をいう人がいる

1.2.2. 総会で議長をやらなければいけない

2. なんとなく大変そう:14

2.1. 理事長が責任を負わなければいけないと 思っている

2.1.1. 決めたことで居住者から批判される

2.1.1.1. 決定プロセスを明確に説明できない (知識や技術的に説明ができない)

2.1.1.2. B:全員の利害が一致しない(5)

2.1.1.2.1. 理事や理事長が匿名であり誰が担当か分からなくする(批判を避ける目的)アバター:6

2.1.1.2.2. 発言したい人は理事会に入るルールにする:4

2.1.1.2.3. 理事BARをHKHで運営して割安で理事は利用できる:2

2.1.1.2.4. 理事長という役割を無くす 全員フラット:2

2.1.1.2.5. 決定事項によって行われることのメリットを明確にし 自分とどのように関係するにかが分かる仕組み:2

2.1.1.2.6. 利害、意見を一致させなくても良い 決定のルールに従っていけば良い 明確である必要がある 多数決とか:1

2.1.1.2.7. 一部の者にしかメリットがないものは第3者が判断する:1

2.1.1.2.8. 専門家(プロ)に判断してもらう:1

2.1.1.2.9. ファシリテータを理事会に派遣:1

2.1.1.2.10. 利害を数値化して管理費からまびく、追加させる:1

2.1.1.3. 決定のプロセスが可視化されていない (単純に見える化ができていない)

2.1.2. 理事会を取りまとめなければいけない

2.1.2.1. C:理事によって意見が異なるため(5)

2.1.2.1.1. 異なる意見を集約分析し 過去の類似事例から客観的に判断させる仕組み:2

2.1.2.1.2. 議論の目に予め選択肢を用意。 どの意見に近いか予め答えてもらう:1

2.1.2.1.3. 納得できなかったら理事を辞められる:1

2.1.2.1.4. 理事以外に最終判断する担当の人がいる:1

2.1.2.1.5. 理事の賛否をデータ化(外から見える):1

2.1.2.1.6. 見やすい分かりやすいToDoリストがある:1

2.1.3. 他の理事があまり発言をしない

2.1.3.1. 意見が出せる雰囲気ではない

2.1.3.2. 発言を求められない

2.1.3.2.1. 期待されていない

2.1.3.2.2. 意見を求めて議論を混乱させたくない

2.1.3.3. 発言を求めても何も言わない

2.1.3.3.1. 発言したことによる責任を負いたくない

2.1.4. 他の世帯のお金まで執行できてしまう

2.1.4.1. 理事長、理事会に権限が持たされている

2.1.5. 他の世帯のお金を含む多額の 金額を持たなくてはいけない

2.1.5.1. 誰かが管理しなければいけない

2.2. ほかの理事に比べて仕事量が多い

2.2.1. どうせ他の理事は何もしない

2.2.1.1. やる気がない

2.2.1.1.1. A:メリットがない(6)

2.2.1.1.2. 誰かがやってくれると思っている

2.2.1.1.3. やらなくてもデメリットがない

2.2.1.2. やることがわからない

2.2.1.2.1. やるべきことが明確になっていない

2.2.2. 誰に仕事を振ればいいかわからない

2.2.2.1. 知り合いがいないので他のメンバーの力量が把握できない

2.2.2.1.1. マンション内の交流がない

2.2.2.1.2. プライベートなことは聞きづらい

2.2.2.2. 他の理事に頼みづらい

2.2.2.2.1. 仲が良くない

2.2.2.2.2. 他の理事に責任や負荷を負わせたくない

2.2.2.2.3. 他の理事に頼んで、失敗したときに責任を負いたくない

2.3. 他人のいざこざに巻き込まれる

2.3.1. なんでもクレームを受け付ける

2.3.1.1. 居住者はクレームに対して理事会でなんでも対策してくれると思っている

2.3.1.2. 居住者は理事会以外にクレームを言うところがない

3. 過去の理事長と比較される:7

3.1. 前任がやったことはやらなきゃいけない

4. 日常のマンションについて知らない:10

4.1. 仕事が忙しくて日々の生活に精一杯

4.1.1. 家事・通勤などの仕事以外に時間がかかる

4.1.2. 体を休めるための時間を割けない

4.2. 周囲とコミュニケーションがない

5. 自分の時間を組合活動にとられたくない:9

5.1. 月1回の理事会で2~3時間は取られる

5.1.1. まあこのくらいは何とかなりそう

6. 理事長だと月1回の理事会以外にも時間を取られそう:11

6.1. 空いた時間を家族や自分のために使えない

6.2. 夜間の対応もしなければならない

6.2.1. 夜は管理員がいない